荒木式がん対策プログラムの断糖食事法の効果は?購入して口コミ

荒木式がん対策プログラムの断糖食事法を評価して口コミ

 

がんの栄養源を断つ荒木式断糖食とは?

 

荒木式がん対策プログラムによれば

 

ガンと闘い、打ち克つためには

 

「糖を絶つこと」が必要だというのですが、

 

本当に「断糖」でガンを克服することができるのでしょうか?

 

「荒木式がん対策プログラム」は、元ハーバード大学准教授で、現在は兵庫県加古川市で崇高クリニックを開設している荒木裕院長の研究による、医学的な根拠に基づいたプログラムです。このノウハウは、荒木裕医師のみが提唱しているものではなく、ノーベル生理学・医学賞の受賞者でもあるドイツの生理学者・医師であるオットー・ワールブルクも認めた「ワールブルク効果」と呼ばる理論を、家庭で実践できるようにプログラムしたものです。

 

 

 

荒木式がん対策プログラムを購入しました。

 

 

※購入者専用サイト(左)と本編動画の一部(右)

 

 

購入者用ページ 荒木裕氏出演画面

 

 

今回「ダウンロード版」で購入しましたので、左のような「購入者専用サイト」で全ての動画を視聴したり、
テキストをダウンロードすることかできます。
「配送版」で購入すると、DVDに収録された教材が希望の場所まで配送されます。

 

 

がんと闘う苦しみから少しでも解放されるために・・・

 

ご訪問、ありがとうございます。

 

当サイトでは、生活習慣病の権威、元ハーバード大学准教授で
崇高クリニック院長・荒木 裕さんが完全監修した荒木式がん対策プログラムを実際に購入して
動画での講義、テキストをじっくり見てみました。

希望の芽吹き

 

荒木式のがん対策の方法や内容は、単に「藁をもすがる」ような不確かなものでなく、
「がん」の栄養源となる糖を断ち、がん細胞を死滅に追い込むという
確かな学術理論に基づいたものだと強く感じました。

 

実際に数多くのがん患者に改善の傾向がみられ、
高い確率で効果を期待できる現実的な「ガン」克服術だといえるかもしれません。

 

このあと、がん対策プログラムの内容や効果について
出来る限り詳しく解説・公開していきます。

 

ご自分のため、そして病と闘うご家族のために何かできることはないかとお考えになり、
このプログラムについてくわしくお知りになりたいという方は、
是非数分だけ読み進めてみてくださいね。

 

 

 

ここだけのプレゼントのお知らせもあります。

 

★特典のお知らせは、このページの一番下にあります。最後までご覧下さい。

 

 

※目次に戻りたい場合は、パソコンやスマホの「戻るボタン」を押してください。

 

 

 

教材の詳細をすぐに確認したい方はこちら⇒
荒木式がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜

荒木式がん対策プログラムは、どんな「がん改善法」なのでしょうか?

 

がん細胞のエネルギー源である「糖」を絶ち、がん細胞の息の根を止める・・・

 

そんな「断糖食」の理論とレシピを完全公開した、

 

数少ない「ガン対策教材」です。

 

 

荒木 裕医師とは?

 

荒木 裕

元ハーバード大学准教授で、現在は兵庫県加古川市で崇高クリニックを開設して
院長を務めていらっしゃいます。

 

アメリカでの研究をきっかけに、
40年以上にわたって食べ物が人間の身体に及ぼす影響について研究を続け
一つの結論にたどり着いたといいます。

 

そして、その結果、ガンや糖尿病、高血圧、うつ病、肥満をはじめとする
様々な生活習慣病に有効な「断糖食事法」を開発することに成功。

 

今回の『荒木式がん対策プログラム』の食事法はその集大成で、
すでに荒木さんのクリニックで多くのがん患者さんに効果をもたらしているということです。

 

 

 

荒木式がん対策プログラムを実際に試した方の感想ビデオ

 

荒木式食事法を実践する前はどのような状態でしたか?

 

荒木式食事法を実践してどのような効果がありましたか?

※音声が出ます。音量にご注意ください。

※個人の感想です。効果・効能を100%保証する意図で掲載しておりません。

 

 

 

このプログラムの目指すものとは?【ケトン体質になりガンを絶つ】

 

がんの3大治療法である手術、抗がん剤、放射線というものは、
一時的に治療効果はあるものの根本的な治療にはならず命を縮めてしまうこともある治療です。

 

心身共に消耗しますし、経済的な負担もかかります。
「荒木式がん対策プログラム」は、がんの治療としての手術、抗がん剤、放射線という3大療法や、
保険適用外の高額な先進医療に頼ることなく、自宅でがんに対処する荒木裕医師が開発した食事法です。

 

食事法の内容は「断糖食」とも言われ、がんの栄養となる糖質(ブドウ糖)の摂取を絶ち、
がん細胞を栄養失調にさせて死滅させるというものです。
加えてたんぱく質も制限しながら、一方で良質な脂肪の量を増やしていきます。

 

この食事療法は、体をケトン体質(ケトン体をエネルギー源とした体)に変えていくことを目標にしています。

 

人間の体に「糖質」が摂取されると体内でブドウ糖として吸収され、
それが細胞の中でエネルギーに変換されることで人間は生きていくことができます。

 

もし「糖質」を制限してしまえば、そのエネルギー源がなくなってしまいまうのですが、
そんな緊急事態に、体内において蓄えられていた脂肪で合成されるのが、
もう一つのエネルギー源である「ケトン体」です。

 

実は…
正常な細胞は、このようにケトン体を利用してエネルギーをつくることができますが、
がん細胞はケトン体を利用してエネルギーをつくることができません。

 

つまり、
ブドウ糖を絶ち「ケトン体質」になれば、がん細胞は生きていけません。

 

がん細胞にだけブドウ糖を与えないということはできないので、食事内容からブドウ糖を絶つという方法をとって、
がん細胞を栄養失調にさせ死滅するようにしていきます。

 

笑顔の夫婦

 

また荒木式がん対策プログラムでは、人間が摂るべき栄養について
根本的に考え直し改善する必要があることがわかります。

 

まず炭水化物や野菜中心の食生活がいかに見直しが必要かがわかります。

 

野菜や果物などの食物繊維は悪玉大腸菌で発酵処理されるが、その時に非常に体に悪い毒素を発生させ、
腸がボロボロになって大腸がんになっていくリスクが高まります。
炭水化物は脳の正常な機能を狂わせ、食欲が止まらなくなる傾向もあります。

 

逆に脂肪やたんぱく質を食べると食欲は抑制される方向に働きます。
加えて動物性たんぱく質と脂肪酸は人間の体内では作ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸を含んだ、
欠かすことができない食品であることもわかります。

 

「荒木式がん対策プログラム」を実行していくと、

・がんの種類や進行度によっては完治する可能性がでてくる、
・3大療法の副作用や後遺症の苦痛を軽減する、
・患者さんの延命効果を高める、
・入院費や薬剤代など経済的な負担を減らす、

といった生活の質(QOL)を高く維持できる期間を、可能な限り長くすることが期待できます。

 

 

荒木式がん対策プログラムの教材セット内容

 

【セット内容】

 

■ 動画 トータル 2時間27分

 

(私は「ダウンロード版」で購入しましたので、専用ホームページでにアクセスして動画を視聴します。
「配送版」で購入した方には、DVD2枚組で配送されるということです)

 

荒木氏講義風景 断糖食解説場面

 

 

■ 冊子マニュアル 2冊(行動計画40ページ、動画の内容まとめ61ページ)

 

動画の内容まとめ 行動計画

 

 

■ 購入者専用サポートサイト

購入者専用サポートサイト

 

 

これは、プログラムに参加した方の専用サポートサイトです。

 

DVDと冊子マニュアルではカバーしきれなかった部分を
Q&A形式でサポートしています。

 

荒木式食事法を実践するうえで疑問に思うようなことがあれば、
まず、このサイトを見るとほとんどの悩みは解決できそうです。

 

また、このサイトでも解決されなかった疑問や問題は、
専用のサポートメールへ問い合わせることができるようになっています。

 

 

 

「限定特典付き」のお申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

癌に打ち勝つ

 

 

 

荒木式がん対策プログラムは本当に効果があるの?

 

本当に癌を治せるのか?

 

幸せ家族

荒木式がん対策プログラムの購入を検討するにあたって
最も気になる部分はいうまでもなく、これに尽きると思います。

 

「本当に癌を治せるのか・・・?」

 

これは、教材の中でも触れられていることですが、
やはり「残念ながら『絶対』とは言えない」というのが現実なんですね。

 

つまり、今回のプログラムは、
「100%確実にガンを消して、完全な健康状態に戻れること」を
保証しているプログラムではないんです。

 

もっとも、こうした医療の世界で「絶対」「確実」を謳った時点で
薬事法に違反する行為ですので、けっして許されないわけですけれど。

 

ただ、少なくともガンが成長するスピードを可能な限り遅らせたり、
最大限、病気の進行を緩やかにすることを最初の目的としています。

 

また、ガン治療の副作用や後遺症の苦しみを緩和させて、
QOL(Quality Of Life〜生活の質)を保ちながら、延命効果を最大化できる可能性を高めていきます。

 

もちろん、ガンの種類や進行度によっては、
荒木式のプログラムで、がんが消えて完治する例も少なくないといいます。

 

決して、「100%治る」と謳うことはできないものの、
ご本人や家族の希望を、しっかり繋いでいける内容を目指していると感じました。

 

 

本当のがんとがんもどき

 

細胞イラスト

販売ページにも書かれていますが、
荒木裕さんの見解では、ガンには2つのタイプがあります。

 

1つは「本物のガン」、
そして、もう1つはいわゆる「ガンもどき」です。

 

一般的には、これらのガンは区別されることなく、
「ガン」として診断されることがほとんどだということです。

 

 

「本物のガン」は、現代の医学では完治することが非常に難しいものですが、
一方の「ガンもどき」は、場合によっては改善される可能性のあるガンだといいます。

 

 

実際、荒木式の断糖食で「ガンもどき」が消えた症例も数多くあるんですね。

 

通常、ガンは「治療から5年以内に再発しなければ完治した」とみなされますので、
「本物のガン」なのか「ガンもどき」なのかは、5年を経過してみないと分からないということになります。

 

そして、5年後に生存できていた場合は、それは「ガンもどき」であった可能性が高いという訳なんですね。

 

 

荒木式断糖食は、「本物のガン」にも「ガンもどき」にも有効な食事法で
仮にどちらのガンであったとしても、少なくとも延命効果を最大化させ、
QOL(生活の質)を最大限に高め、人生の最後を迎えるまで人間らしく生きるための方法なんですね。

 

 

つまり、このプログラムを実践すれば、
ガンもどきの場合、消えてなくなる可能性がありますし、

 

少なくとも、ガンの成長スピードを遅らせたり、
病気の進行を緩やかにすることができるということです。

 

 

このことは、患者さんご本人を前向きな気持ちにさせるだけでなく、
ご家族など、周囲の方にとっても大きな精神的な安定をもたらしてくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

荒木式断糖食とはどんな理論なの?

 

がん細胞は「糖」を断てば死ぬ〜「糖はガンの恋人」

 

シュガースプーン

実は、がん細胞と正常細胞には全く違う点があります。

 

正常細胞は酸素がないと生きていけませんが、
がん細胞は酸素がなくても生きていけるんです。

 

がん細胞は、生きるためのエネルギーを「発酵」によって作りますが
その「発酵」に必要なものが「糖」なんですね。

 

がん細胞にとって、糖は絶対に必要なもので、
このため「糖はガンの恋人」と言われているわけです。

 

逆に言えば「糖」を絶てば「発酵」は起きなくなり
がん細胞は生きるためのエネルギーを失って生き延びることはできなくなります。

 

つまり、ガン細胞のエネルギー源、「糖」を絶てば、
理論上、「がん細胞は死ぬ」ことになります。

 

この点に着目したのが、断糖食を利用した荒木式がん対策プログラムです。

 

実際、日常生活でほとんど「糖(炭水化物)」を摂取しないエスキモーに
ガンは存在しないというのです。

 

 

「がん」に負けない食事療法とは?

 

断糖食の一例

 

ガンを治療する食事療法であり、
糖質をとらずに肉や魚、卵などを中心とした食生活を書くるのが荒木式の断糖食療法です。

 

荒木裕医師は、ガンが成長するエネルギーが「糖質」であることを突き止めた
糖質制限理論のパイオニアとして知られていますし、
がん検査のひとつ「PET検査」を考案したがん医学のエリートでもあります。

 

そんな荒木医師がプログラムしたのが「荒木式がん対策プログラム」で、
糖質を断つことでがん細胞の増殖をストップさせ、がん細胞を死滅させるという最新の食事療法です。

 

このプログラムの中では、実際に荒木医師の崇高クリニックで治療法の解説や
なぜ人間はがんに侵されてしまうのかといった詳細な説明が行われています。

 

「糖を断つことでがん細胞を殺す」という、私たちには一見理解が難しい理論も、
人間の身体の仕組みや成り立ちから順を追って丁寧に説明してくれていますので、
思いのほか、ストンとお腹の中に落ちるように納得が出来ました。

 

例えば、とても意外なことなんですが
「野菜の食物繊維が大腸がんの原因」といった説明もされています。

 

野菜サラダ

 

私たちにとっては「食物繊維は健康に欠かせないもの」というイメージが定着していますが、
本来は年配者に多かった「がん」が、比較的若い年齢にも広がってきている原因の一つが
「野菜の食物繊維」だというんです。

 

健康にいいはずの野菜サラダに、たっぷりとドレッシングをかけて食べる・・・
すると大腸で悪玉菌が食物繊維を毒物に替え、腸の内壁をボロボロにさせてガンにさせる…
そして、その毒が血液に溶けて全身をめぐるために、体臭の原因にもなるという衝撃的な事実も開設されていました・。

 

こうした荒木医師の発見によって、これまではカロリー制限ばかりだった
「高血圧・糖尿病・がん」などの生活習慣病に対する食事療法が、いまや糖質制限や糖質オフなどに大きく転換しています。

 

確かに「糖質が諸悪の根源」と認めてしまえば不利益を受ける業界なども多いでしょうから、
一般的にはなかなか「糖ががんの大きな原因」とは広まっていかないのでしょうね。

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒
荒木式がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜

 

 

荒木式がん対策プログラムDVDの内容をくわしくお伝えします。

 

続いて「荒木式がん対策プログラム」のDVDの内容について詳しく公開していきます。

 

DVDレジュメ

 

● なぜ「がん対策」には糖を絶つ「断糖」が必要なのか・・・
  という理論については荒木 裕さんが解説。

 

● 自宅で行える、手軽な「断糖食」に関する知識やアドバイスについては
  荒木博士の奥様で、栄養管理士である荒木 里さんが解説しています。

 

「第1部〜第5部」の5つのパートで構成されています。

 

 

 

 

 

第1部 ガンの三大治療法の限界〜根本的ながん治療は存在しない〜

 

●はじめに 〜ハーバード大学で出会った、ある珍しい病気とは?〜
●ガンの三大治療法の限界〜根本的ながん治療は存在しない〜

 

 

第1部オープニング

第1部荒木裕解説1

第1部荒木裕解説2

 

 

荒木博士は、ハーバード大学時代の一連の研究の中で、
「糖がガンの元では?」と思いついたといいます。

 

それまで「ガンのエネルギー源は脂肪」だと考えられていましたが、
荒木さんは、ガンの猛スピードの成長に間に合うエネルギー源は「糖」しかないと考えたんですね。

 

そして「ガンのエネルギー源は、脂肪ではなく糖」との確信を深めて実証していきます。

 

 

 

ガンの三大治療法

「最先端医療」の限界。

 

放射線療法、抗がん剤、手術が、現代の「ガンの三大治療法」と言われています。

 

でも、放射線は「ガンを引き起こすもの」と考えられているのに、
その放射線でガンを治す放射線療法は非常に奇妙なものですし、

 

抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常な細胞まで殺してしまいます。
また、ガンはひとつの塊りとは限らず、すでに転移していることもありますから、
その場合、手術でも治すことはできません。

 

もっと効果的で、根本的な治療法はないのでしょうか?

 

 

 

 

第2部 解明されたガンの原因〜がん細胞は糖を断てば死ぬ〜

 

●解明されたガンの原因〜ノーベル賞を受賞したワールブルグの理論〜
●酸素が不足するとガンになる(1)〜体を酸性にし、ガンになりやすい食べ物とは?〜
●酸素が不足するとガンになる(2)〜なぜ、心臓がんや十二指腸がんはないのか?〜
●がん細胞は糖を断てば死ぬ〜「糖はガンの恋人」〜
●がん細胞は糖を欲しがる〜がん細胞の唯一のエネルギー源とPET検査〜

 

第2部オープニング 第2部荒木裕解説1 第1部荒木裕解説2

 

 

細胞に酸素があると、細胞はガンにはなりにくくなるそうです。

 

でも、炭水化物を食べると、体内の水分が酸性になり、
体が酸性になると細胞に酸素が入らなくなるので、ガンになりやすくなるんですね。

 

がん細胞は発酵によってエネルギーを作ります。

 

発酵するには糖が必要ですし、逆に言えば、がんは糖がなければ生き延びられません。
このため「糖はガンの恋人」と呼ばれているのですが、
理論上、糖の恋人である糖を絶てば、がん細胞は死滅することになります

 

正常な細胞は、糖がなくても生き残れる術をもっていますから、
糖を断っても正常細胞は生きることができますが、がん細胞は死ぬことになります。

 

 

 

第3部 ガンの三大療法に代わる食事法〜荒木式断糖食とは〜

 

●がん対策の第一は食事〜ガンを防ぐ食事法の基本〜
●ガンの三大療法代わる食事法〜断糖食の目的と想い〜

 

第3部オープニング 第3部荒木里解説1 第3部荒木里解説2

 

 

断糖食一例

第2部でも語られているように、
がん細胞の唯一の栄養、糖を断てばガンは生きていけません。

 

ただ、がん細胞だけに糖を断つことはできないので、
食事から糖を断つことが必要になりますよね。

 

荒木式断糖食の基本は、とにかくブドウ糖を減らし、
タンパクもある程度は制限する一方、脂肪の摂取を増やします。

 

これを「ケトンダイエット」と言い、重度のてんかん治療や
アルツハイマーの治療にも使われているそうです。

 

そして、がん治療においても有効であることが、多くの症例で証明されてきました。

 

健康な細胞を維持して、がん細胞だけを栄養失調にさせる・・・
それが「ガンの三大療法」に代わる荒木式の断糖食事法なんです。

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒
荒木式がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜

 

 

 

 

第4部 荒木式断糖食実践編〜あらゆる方法でがん対策を行いガンを殺す〜

 

●がん対策に有効な断糖食の基本を教えてください。
●がん対策に効果のある脂、ガンのリスクを高める油とは?
●断糖食の効果を高める6つの方法〜あらゆる方法でがん対策を行いガンを殺す〜

 

第4部オープニング 第4部荒木裕解説1 第4部荒木裕解説1

 

 

荒木式断糖食を、実際に家庭での食事に取り入れていくための
具体的なアドバイスが得られます。

 

●がん対策に有効な断糖食の基本。

 

●がん対策に効果のある脂、ガンのリスクを高める油とは?

 

●断糖食の効果を高める6つの方法

 

など、他では決して知ることのできない、実践的な内容です。

 

ここを理解したうえで、付属してくる「断糖食レシピ」を活用すれば
一見難しそうな断糖食も、すんなりと取り入れていくことが出来そうだと感じました。

 

 

第5部 荒木式断糖食Q&A〜常識を断てばガンを克服できる〜

 

●野菜や果物の食物繊維はガンの克服に有効ですか?
●脂肪を摂り過ぎるとガンになるのは本当ですか?
●塩分を摂り過ぎるとガンになるのは本当ですか?
●肉や魚ばかりを食べてビタミンは不足しませんか?
●肉や魚ばかりを食べてミネラルは不足しませんか?
●飲酒・アルコールは少量なら大丈夫でしょうか?

 

第5部荒木裕解説

 

ここでは、「がん」「断糖食」に関するあらゆる疑問や質問に
荒木裕さんが回答していきます。

 

理解が深まることで、より前向きな気持ちで断糖食に取り組むことが出来ます。

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒
荒木式がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜

 

糖質(炭水化物)は100パーセント完全に断たないとダメ?

 

がん克服に効果が期待できる荒木式の断糖食ですが
もし断糖食を実践するとしたら、もう今後一切、ご飯、パン、麺類、パスタといった
大好きな炭水化物はあきらめなくてはならないのでしょうか?

 

このことは、特に「ご飯」を主食としてきた私たち日本人にとっては
かなりの精神的なストレスを与えることになりそうですよね。

 

まず、おさらいいしておかなければならないのは

 

荒木式でも中心的な考え方になっている
「ガン細胞の唯一の栄養・エネルギー源はブドウ糖(糖質)である」という事実。

 

これは、ノーベル生理学・医学賞受賞者であり、
がん発生の原因を突き止めたドイツの生理学者
オットー・ワールブルクの研究成果にちなんで「ワールブルク効果」といわれているものです。

 

「ガン細胞の唯一の栄養・エネルギー源はブドウ糖(糖質)である」という理論は、
現代医学において否定することのできないものだと言われています。

 

つまり、先にもお伝えしたように
がん細胞が生き延び、増殖するためには、糖は絶対に必要なもので、
「糖はガンの恋人」と言われる存在です。

 

そして「ガンの恋人」「糖」を絶てばがん細胞は生き伸びるエネルギー源を失い
もはや生き延びることはできなくなります。

 

つまり、

 

・糖質(ブドウ糖)を断てばガン細胞は生きてはいけない
・ただ、がん細胞だけに糖を断つことはできないので、食事から糖を断つことが必要

 

ということです。

 

そんな「がんの克服」に関してはこんなたとえ話があります。

 

暴走する車

 

・故障して暴走しているクルマ(がん細胞)がある。
・なんとか走りながら、車を修理する方法(抗がん剤治療など)もある。
・暴走しているクルマをぶっ壊してしまう方法(放射線療法や摘出手術など)もある。

 

ただ、修理が上手くいくか、
破壊でうまく車を止められるかは分からない…

 

・それならば、ガソリンの供給そのものを止めてしまえば(糖を断つ)いずれクルマは止まるしかない。
(例えどんな原因で暴走しているとしても)

 

という考え方、それが「断糖」による「がんの征圧」なんですね。

 

ガス欠

 

ガン細胞のたった一つの栄養源は「ブドウ糖」ですから、
糖質を摂ればとるほどがん細胞は成長し、
摂らないように我慢をすればがんの成長を抑えこめるのは事実です。

 

ですから、がんを抱えている方であれば糖質制限を思い切って実行することが必要なのですが…

 

ただ、特に日本人は生まれつき炭水化物を主食として食べてきましたし、
お米に対しては特別な愛着もあると思います。

 

くり返しになりますが、ごはんやパン、麺類は全く摂らないことが
がんにとっては最大のダメージになります。

 

確かに「荒木式がん対策プログラム」では、
甘いもの当然のこととして、ご飯、パン、麺類、パスタなども
摂取しないようにきびしく規制しているのですが

 

一方で、すべての炭水化物をやめてしまうのではなく、
がんが成長しない、あまり支障のない範囲で
炭水化物を摂取してもいいのではないか、という考え方も出てきています。

 

つまり「楽しく断糖食」を続けるために、炭水化物を「摂る」「摂らない」という二者択一ではなく、
がんの状態と体調を考慮しつつ、一日一回だけは、これを食べてもよいとか、
がんの成長を促さない程度に取り入れる・・・ということも十分検討できるんですね。

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ 荒木式がん対策プログラム

 

 

荒木式がん対策プログラムを口コミ・評価します。

 

がん克服

 

荒木式がん対策プログラムは、がん細胞の栄養源を絶ち切り、
患者さん自身の自己治癒能力を最大限にアップさせるためのマニュアルです。

 

100%確実にガンを消しさって完璧な健康体に戻れることを保証する、というものではありません。
もちろん「100%確実」などと謳えば薬機法(旧:薬事法)に触れることになり法律違反です。

 

しかし、最低でもガンの成長を遅らせたり、
病気の進行を最大限に遅らせる確率が高まるように設計されています。

 

荒木式がん対策プログラムの公式サイトから、荒木医師のメッセージを引用します。

 

職業柄、今までに、たくさんのガン患者さんが、いわゆる三大療法の副作用や後遺症に苦しみながら、最後は寝たきりになり無念そうにこの世を去って逝くのをたくさん看てきました。

 

辛く苦しい治療に懸命に耐えたのにも関わらず、その効果はあまりにも小さく、むしろ縮命してしまった方も大勢いらっしゃいます。

 

はっきり言います。

 

現代のガン治療は間違っています。

 

利権の為にガン患者を無駄に苦しめ、多額の治療費や薬代を支払わせ、精神的にも追い込んでいく現代のガン治療は間違っています。

 

少なくともこのページを最後までお読み頂けたあなたには、ガン治療で苦しんだり、寿命を縮めたりして欲しくありません。

 

末永く、家族や大切な人と穏やかな時間を過ごす為に、『断糖食』で私たちと一緒にガン対策をしていきましょう。

 

あなたが、あなたらしい人生を全うされることを心より願っています。

 

崇高クリニック院長

荒木裕

 

公式サイトはかなり長い文章になっていますが
そこからは、患者さんのがん克服に向けた荒木医師の強い信念と熱意がにじみ出ています。

 

実際、最新の研究では、
手術などの3大療法を行わなければ、がんを抱えながらも10年間は生きられたはずなのに
過酷を治療を行ったためにわずか1年以内で無念の結果になった患者さんは多いといいます。

 

自分自身の自己治癒能力で体を回復するチャンスを奪われてしまったからです。

 

荒木式がん対策プログラムは、治療の副作用や後遺症の苦しみを和らげ、
QOL(生活の質)をキープしながら延命効果を最大化することも可能だといいます。
そして、ガンの種類や進行度によっては、過去、完治した実例も報告されています。

 

闘病で苦しむご本人はもちろん、
祈る気持ちでサポートを続けるご家族やご友人にとっても希望を繋いでいけるマニュアルだと感じました。

 

7つのサポート特典付きでのお申し込みは↓こちらから。

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒
荒木式がん対策プログラム〜元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法〜

 

 

限定特典付きのお申し込み

当ページを経由してお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

正直に申し上げて、こうしたマニュアルをご紹介しておきながら、特典をお付けするというのは

少々の違和感を感じてしまうのですが、少しでもご家族が明るく健やかな毎日を過ごされるように願いを込めて

特典をお付けさせていただくことにいたしました。

 

プレゼントの内容、受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

プレゼントを確認する

 

 

「限定特典付き」のお申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

癌に打ち勝つ

 

 

 

【特典に関するご注意】

 

このページ内のリンクから公式販売サイトに進んでいただきますと、
最初のアクセスから「7日間のみ」、
大幅に値引された特別価格でご購入が可能になります。

 

7日間を過ぎますと、通常価格でしか購入できない仕組みになっています。
また、決済システムの都合上、当サイトからの特典も
7日間の特別価格期間内にお申し込みの方のみの権利となります。
あらかじめご了承下さい。

 

 

 

「荒木式がん対策プログラム」で気付かされたこと

あなたはがん細胞のことを、どのように思っているでしょうか?

 

女性

おそらく、がん細胞のことを「敵」だと思っていると思います。
当然のこと、ですよね。
でも、がん細胞は敵ではなくある意味「味方」だという人もいます。

 

たとえば、がん細胞に放射線を当てるとします。
そのように放射線を当てることは、がん細胞を被ばくさせることになります。
身体をよくするためにがん細胞に放射線を照射していると思いますが、
そのような放射線の照射は、自分の体の中に戦争をひき起こすことを意味しているのかもしれません。
がん細胞は「攻撃された」と感知して、さらにがんばってしまいます。
がんばって、がんばって、さらに大きくなろうとしてしまう・・・

 

もし、自分に放射線を当てられようとしたら、どう思うでしょう?
とにかくその場から逃げるか「負けてたまるか」と思いますよね。それと同じなんですね。
だけど、その事実に気付かない人は、さらに攻撃を加えてしまいます。

 

「荒木式がん対策プログラムで気付かされたことは、
悪い細胞ではなく、いい細胞を活性化させることが大切なのだということ。

 

脳を活性化

 

細胞が活性化するということは、右脳の活性化に直結することなんです。
がんは気づくためのチャンスであり、気づいたことを実行するチャンスともいえます。
気づいても実行しない人は多いものですが、気づいて行動して初めて事態はよくなるもの。
実行に移して、それが確信に変わったとき、肉体と精神が見事にくっつき、そのすき間に邪魔が入ることはありません。

 

何事においても、体が中心ではなく、体は気づくための道具なのかもしれませんね。
その思いに気づかないと、病気はなかなかよくならないもののように思います。

 

でも、思いだけでもなかなかついていかないかもしれません。
だからこそ、食事療法などの方法で、肉体をひっぱっていく必要があります。
肉体と精神を結びつけるものが、食ということになります。

 

体の細胞というのは、食べたものでしかできませんから、体の良し悪しというのは、すべて食べたものの結果なのでしょう。
できるだけ「体が喜ぶこと=人間本来の自然の食生活」がよいんですね。
不自然な食べ物は体を不自然にする。
自然のものを食べると、体は自然な状態になる。
人間本来の食生活は、体が自然に使えるようになるということを意味している。

 

「荒木式がん対策プログラム」をそんな思いで受け止めました。