断糖食レシピとは | 【荒木式】がん対策プログラム〜本当の効果と内容

MENU

荒木式断糖食のレシピとは?

 

 

効果がありそうなのは分かった。

 

でも、家庭で断糖食を続けるのって難しくないの?

 

 

がん対策断糖食のレシピ

 

特典として付属してくる荒木式断糖食〜レシピ〜 では、
実際に断糖食を行うために、どのような食事をすれば良いか、
料理法についてくわしく紹介されています。

 

断糖食を実践していく上で、
「基本的には糖が入っていない物であれば食べても良い」と言われても、
もう少し具体的に食べられるものを知りたいというのが、
本当のところですよね。

 

また、糖質を取らないようにすると、
今まで普通に食べてきたものが食べられない、
という制限が付くのも事実です。

 

でも、家庭で断糖食を実践できるようになることが、
最終的に「最大のがん対策」になりますし、
食事から糖質さえ絶ってしまえば、
ガンに対しても希望をつなぐことができますね。

 

 

 

「断糖食」って、味気ないんじゃないの?

 

 

断糖食レシピの例

※断糖食レシピの例

 

 

我慢することが多そうに思える「断糖食」ですが、
実際にはこんなに多彩なメニューを好きなだけ食べることができるんです。
(上の写真は、レシピのごくごく一部に過ぎません)

 

好きなものを、好きなだけ食べられる・・・このことは、病気と闘う患者さんにとって
どれだけ気力と活力を与えてくれるでしょうか。

 

「あれはダメ」「これはダメ」の味気ない生活では
病気と闘わずして負けてしまいますものね。

 

「荒木式」なら、種類こそ限定されますがアルコールだってたしなむことができるんです。

 

 

 

 

断糖食レシピの一例

 

 

断糖食を始めた当初は、やはり少し難しく感じるかもしれませんが、
荒木裕さんによれば、2 週間ほどでそれが当たり前の食事になり、
逆に甘いものを摂取すると気分が悪くなったり、体調がおかしくなったりするそうです。

 

これは、糖はもともと人間が口にする必要のないものなので、
私たちの体が受け付けなくなるのも当然と言えば当然のことなんですね。

 

 

また、最初からいきなり100%完璧にやろうとすると、
すごく難しく感じてモチベーションが下がってしまう可能性があるので、

 

最初は100%完璧にできなくても気にすることなく
できることからコツコツと続けていけば構わないということです。

 

断糖食を実践していくにあたって、このレシピを活用すれば、
バラエィーに富んだ「がん対策断糖食」を、前向きな気持ちで続けていくことができそうです。

 

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ 荒木式がん対策プログラム

 

 

 

 
 

このサイトをお読みいただいた方ならお気づきのように、
ガンには「糖質」が大きくかかわっています。

 

荒木裕さん曰く、「糖質」がガン細胞のエネルギー源になっている・・・

 

つまり、糖質を摂取すれば、それはガン細胞のエサ、エネルギー源となってどんどん成長を促し、
逆に、糖質を断てば、理論上ガン細胞はエネルギー源を失い消滅してしまうということになります。

 

ガン治療には、糖質を摂取しない「断糖食」が非常に有効だと考えられる根拠ですね。

 

 

プレゼントの内容、受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

正直に申し上げて、こうしたマニュアルをご紹介しておきながら、特典をお付けするというのは

少々の違和感を感じてしまうのですが、少しでもご家族が明るく健やかな毎日を過ごされるように願いを込めて

特典をお付けさせていただくことにいたしました。

 

プレゼントを確認する

 

 

「限定特典付き」のお申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

癌に打ち勝つ