ガンと食事療法 | 【荒木式】がん対策プログラム〜本当の効果と内容

MENU

ガンと食事療法

 

 

免疫を上げる食べ物

 

背伸び

食事は荒木式の断糖食を中心にして、ジャンクフードや刺激物などを出来るだけ避け、
ストレスをうまく発散出来るように工夫してみましょう。

 

心の置き方や生活環境を改善していけば、
将来ににわたって免疫を高いレベルに引き上げ、がんを克服するだけでなく
継続的にがんを予防することも可能です。

 

その際、【荒木式】がん対策プログラムの断糖食療法は
低糖質であるのはもちろん、人類に欠かすことのできない栄養素が豊富に含まれて、
エネルギー量も多いので、病気に対する免疫力を上げると同時に、
全身の健康力が大幅にアップします。

 

それによって、他の体の不調や検診の数値なども飛躍的に改善して、
肥満やメタボ、高血圧や糖尿などの生活習慣病も同時に予防ができます。

 

さらに、うつ病やパニック障害、恐怖症などの精神的な病に襲われる危険性も
大きく低下しますので、心身ともに健やかな状態を取り戻すことが出来ます。

 

ですから、かえってがんになって長生きした、というケースも多々あるわけです。

 

 

冷たいものは飲まない・食べない

 

がんは体の内部で発生する異常細胞ですから、それに対応するためには、
生物が陸に上がる以前の古い免疫が大きく関係していると言われています。

 

その古い免疫の主役は口腔、咽喉部をリング状に取り囲む扁桃リンパ輪、
続いて食道から腸管全体に免疫組織がゆきわたっていて
全身の免疫の7割を消化管が占めているということです。

 

そして、これら一連の組織や付随する白血球は温度を下げると急激に免疫力が落ちるといわれます。
したがって冷たい食べ物、冷たい水やビール、ジュース、氷などは極力食べたり飲まないようにしてください。

 

【荒木式】がん対策プログラムにおいても、食べるものは必ず、
体温以上に温かいとはっきり感ずる温度が良いです。

 

しかも食べ物も飲み物も唾液とよく混ぜて、飲み込むことです。

 

とはいえ、あまりに熱すぎるものは咽頭、食道などの上部消化管をやけどさせてしまい、
そのやけどを繰り返すうちにがんが発生しやすくなりますので良くありません。

 

要は温度やアルコールなどによる物理的、化学的刺激が良くないということです。

 

ちなみに自然に生息する動物は食べ物、飲み物に対し温度を上げたり下げたりはしません。
ですので不自然な刺激はないと思われます。

 

 

教材の詳細を確認したい方はこちら⇒ 【荒木式】がん対策プログラム

 

 

 

 

 
 

当ページを経由して【荒木式】がん対策プログラムをお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

プレゼントの内容、受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

プレゼントを確認する

 

 

「限定特典付き」のお申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

癌に打ち勝つ